ドイツ政府は日本をハイリスク地域指定から解除しました。

2021年9月26日午前0時(ドイツ時間)より、日本からのドイツ入国にあたって、登録義務(デジタル入国登録(DEA))及び隔離義務は撤廃されます。
ただし、証明書提示義務(コロナ検査証明書、ワクチン接種証明書、快復証明書のいずれか)は引き続き有効です。
なお、9月24日現在、日本は「入国制限解除対象国」には指定されておりませんので、一部の入国制限がかかります。

※メッセ(見本市)に参加するために商用で渡航する場合は、以下書類があれば入国が可能です。
出展者:メッセ主催者からの出展確認書
来場者:メッセ入場券及び(少なくとも出展者一社と)メッセ会場におけるビジネスアポイントメントを取得済みであることを証明する書類

現在、リスク地域か否かを問わず、全ての国・地域からの12歳以上のドイツ入国者は、陰性証明書、ワクチン接種証明書、快復証明書のいずれかを提示する義務があります(ドイツ入国を伴わない空港トランジットエリア内での乗り継ぎは除く)。
なお、ドイツ入国にあたっての陰性証明書については、ドイツ入国前48時間以内に実施した抗原検査、又はドイツ入国前72時間以内に実施したPCR検査の陰性証明書が有効です。

詳細は在ドイツ日本国大使館のHPをご参照ください。
駐日ドイツ大使館HP

厚生労働省HP
海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書について